Di Di ダナン

ベトナムのダナン在住です。 世界各国を旅して、その中からベトナムを選び、ついに理想の地ダナンに終着!

ベトナムでwifi速度が遅くて不満の場合には、これです!

ベトナムで暮らしているとどうしても、日本の高速・安定したインターネット回線を思い出してしまいます。

 

現在のベトナムの住まいでは、各階にあるwif機器を介してwifiを使っているのですが、室内のスマホやパソコンはwifi機器から離れているため、どうしてもwifi回線が弱くなってしまい、回線が不安定であったり、速度が遅いといった問題で困ってました。

 

なんとかならないかと色々と調べたところ、wifi中継器という機器があって、それを介せばwifi機器本体から距離が離れていてもその速度がある程度維持できるというもの。

 

その多くは、wifi中継器のWPSボタンをひと押しすれば自動的に接続できるようですが、この場合、wifi機器本体のボタンも押さなくてはなりません。

 

我が住まいの機器は共有物のため、施設内の見えない場所に設置されているようで、勝手にいじることは難しそうです。

 

そこで、ダナンでおそらく最も大規模のパソコン機器を中心とした総合販売店のPhi Longに行って相談に乗ってもらいました。

 

 

幸いにも、wifi中継器でマニュアルでwifi親機と接続できる商品は3機種あるとのこと。

 

今後、どの住居に引っ越しし、いかなるインターネット接続でも対応できるようにと、その中で最も高速接続ができる機器を購入しました。

f:id:Dananese:20170622145603j:plain

 

値段は、145万ドンとそれなりの費用がかかりましたが、ネット速度が遅いことで失われる時間を考慮すれば、長期的には元が取れると思い、よしとしました。

 

英語の説明書もあるので、それに従ってやれば問題なく接続できると思いますが、私のように、WPSボタンで接続する機能を利用しない場合、多少手間取ると思います。

 

心配な方は販売スタッフにお願いすれば、実際に機器とパソコンを利用して、接続方法を手取り足取り教えてくれます(英語ができるスタッフは、おそらくいないと思いますので、ベトナム語通訳を連れていけば確実だと思います)。

f:id:Dananese:20170622153343j:plain

接続に成功した場合、緑色のランプが点灯します。最大強度(目盛り3つ)にできるだけ近づけるような場所にあるコンセントに本機器を刺しましょう。

 

本商品を使用してインターネット速度を測定して比較した結果、wifi親機の放つwifiに直接接続した場合よりも1.5~2倍程度高速でネット接続できるようになりました。

 

また、中継器のパスワードを介してネット接続するので、パスワードも他人と同じものを使う共有wifi機器を介してネットに直接接続するよりもセキュリティが確保できるので一石二鳥、いい買い物でした!

 

ちなみに、本製品の保証期間は3年間で、期間内に故障した場合、修理対応ではなく、新品に交換してくれるという太っ腹な対応。

 

その場合の持参場所は、購入場所ではないので、ハノイホーチミン、ダナンの3箇所にあるサービスセンター(商品箱に案内シールあり)に行くことになります。

 

ダナン最大の卸売スーパーマーケット

MEGA MARKETといいますが、店舗看板は「METRO」です。

 

かつて、METROはドイツ系でしたが、タイ系のMEGA MARKETに買収され、現在に至ります。

いまだにかつての商標「METRO」をデカデカと店頭で掲げているのがベトナムらしいです。

f:id:Dananese:20170528122656j:plain

他の都市ではわかりませんが、ダナンでは、まだ「METRO」の名前の方が通りがよく、タクシーの運転手にも伝わりやすいのではと思います。

 

店内は、日本でも展開中のCOSTCOと同様、各商品がパレット平積で陳列されてます。

 

以前は、会員になるか、パスポート等の身分証明を示して臨時会員証を作ってもらわないと入場できないシステムでしたが、今は自由に出入りできます。ダナンのMEGA MARKETは、過去の名残か、未だに入口にゲートらしきものがあります。

 

入口付近には会員カードを作れるブースがあり、「会員になったら、何かメリットあるの?」と勧誘担当者に聞いたところ、「何もない」とのシュールな回答。

 

支払いの時にも、常にレジ担当者から「会員証は?」と聞かれるのですが、本当に何も特典ないんでしょうかね・・・。

 

ちなみに、BIG Cはポイントが付くので在住者は作ったほうが良いです。

 

卸売とうたっているので、価格も卸売価格かと思えば、あまり安いとは感じられないです。ものによっては、BIG Cの方が安いものも多いです。

 

また、BIG Cはレジで商品を入れるビニール袋をタダでもらえますが、MEGA MARKETでは何ももらえず、有料の袋を買わないといけないので少々不便。

 

ですので、お土産を購入したい旅行者は、MEGA MARKETよりもBIG Cに行ったほうがいいと思います。BIG Cはダナンの中心地にありますし。

 

MEGA MARKETで50万ドン以上購入した場合、半径10キロ以内は、2時間以内・無料で運んでもらえます。利用時間は6時~20時です。

 

不思議なのが、500万ドン以上は対象外です。500万ドンを超える場合は、レシート上で超えないように数回に分けて清算すれば無料対象になります。

 

MEGA MARKETでは、明らかに在住者ではない、バックパッカーと思われる西洋人の姿を時々見かけますが、どうしてダナン中心から外れたMEGA MARKETまで足を伸ばすのか不思議なところです。ひょっとしたら、旅行ガイドで紹介されているのかもしれませんね。

 

ベトナムでの各航空会社のフライト遅延/キャンセル状況

ベトナムの新聞(Tuoi Tre/5/23付)によると、本年1月1日~3月15日までの期間、ベトナムでの各航空会社の稼働数は、55,251。うち、7,059が遅延、337がフライトキャンセル。

 

遅延が最も多い会社は、ジェットスター。次いで、Vietjet Airとのこと。


時は金なり。

 

ビジネスパーソンは言うまでもなく、ベトナムでの滞在時間が限られている個人旅行者についても、航空券が安いだけの理由でこれらの航空会社の積極利用は避けたほうがいいかも。

 

ほんの数千円程度のおカネをケチったばかりに、計画全体に大きな影響が出かねません。

 

本誌でも触れられているように、これら航空会社のみならずベトナム航空も、遅延しようがフライトキャンセルしようが、乗客のためにホテルを確保してくれたり、飲食物を提供してくれたりといった気遣いは一切なしです。

 

ベトナム航空の場合、航空券購入時にベトナムで使える携帯電話番号を登録しておくと、遅延等が発生した際にはSMSでメッセージが送られてくるので何かと使えます。

 

関係ないですが、ベトナム国内で小都市へ飛ぶ際によくお世話になるプロペラ機です。

f:id:Dananese:20170526160717j:plain

ベトナム航空で、ダナン~ハノイ or ホーチミン間以外の航路は、まず、間違いなくこのプロペラ機です。 

 

初めて搭乗したときには、「プロペラ機か!」と少々戸惑いましたが、乗ってしまえさえすれば、ジェット機と大差がないように感じます。

 

ただし、通常機と違って、荷物スペースが少々小さいため、場合によっては大きめの預かり荷物は受けてもらえない可能性があります。

 

ベトナムでスマホを安く、安心できるところで買ってみよう!

 

私のスマホ歴です。

E71→Galaxy Pro→Galaxy Chat→Nexus4→Nexus5→Zenfone2

 

E71ベトナムで購入

f:id:Dananese:20170524125641j:plain


Galaxy Pro:イギリスから輸入

f:id:Dananese:20170524125814j:plain

 


Galaxy ChatとNexus4:香港から輸入

f:id:Dananese:20170524125857j:plain

f:id:Dananese:20170524125510j:plain


Nexus5:並行輸入品を日本で購入

f:id:Dananese:20170524125523p:plain


Zenfone2:ベトナムで購入

f:id:Dananese:20170524130144p:plain

 

約10年弱になろうとしているスマホ所有歴の中、純粋に日本で正規販売したものを購入したことは一度もありません。

その理由は大きく2つあります。

①外国のスマホと比べると値段が割高
SIMロック

①についていえば、スマホは小型コンピューターと同等の精密機器でありながら、落とすのは当たり前。なので、いつ壊れてもおかしくない製品なので、3万円以上は払いたくない。

②については、外国に行ったり、格安SIMカードの使用の際、利用を制限される。

最近、日本で販売されているスマホは、SIMフリーでありながら、1万円台で普通に販売されているなど、選択の幅が増え、ようやく国際水準に近づいてきたので嬉しいです。

とはいえ、日本でも売っている同じ商品が、ベトナムの方が安いということもままあります。

例えば、日本のみならず、世界中で高評価を得ているスマホで、今回買ったZenfone3がそれです。

f:id:Dananese:20170524125123j:plain

ベトナムでの購入価格は、5,980,000ドン≒約29,500円

日本での販売価格は、37,370円

※上記為替レート・価格は2017/05時点

 

ベトナムだと、約8,000円安く買えます。

ただし、そこはベトナム。変な店で購入すると偽物、中古品等を掴まされる可能性があります。

私が今回購入したのは、ダナンの電化製品販売店のNGUYEN KIM。

 ベトナム各地の大都市に多数の店を構えている大手です。1台買って、もう1台買うなら10%割引・30日以内の自然故障が発生した場合、無料で新品に交換といった魅力的なキャンペーンをやってました。

f:id:Dananese:20170524151851j:plain

 

購入後、その足で直ぐに駆けつけたのは、ここです。

 ベトナム全土で展開中で、ダナンにも多数の店舗があり、携帯電話販売ではベトナム最大手のthegioididongです。

f:id:Dananese:20170524122205j:plain

 ここが凄いのは、どこの店舗に行っても、とにかく従業員の顧客対応がとても礼儀正しいこと。

 

ベトナムでは、よい接客に接する機会はほとんどないので、感動すら覚えます。

 

最近は、他の携帯電話販売会社もthegioididongの接客を真似ているようで、大手携帯電話販売店に限っては、どこも礼儀正しいのが標準になりつつあるように感じられます。

 

thegioididongも魅力的な値段を提供しているのですが、どうしてここで購入しなかったかというと、NGUYEN KIMのほうが2,000円ほど安かったから。

 

そして、なぜNGUYEN KIMで購入したスマホをthegioididongに持ってきたかというと、thegioididongはスマホの液晶保護シートの貼付けサービスをやっているからです。

 

値段は5万ドンで、所要時間は混んでなければ5分以内。

 

3ヶ月以内に剥がれ等の問題が発生した場合、最大3回まで貼り直してくれるいう素晴らしいサービス。どこの店舗でも対応可能です。

 

日本では、その値段では液晶保護シートを買うこともできないと思いますし、自分でやった場合、気泡やホコリが入ったりと、どうしてもうまく行きません。

 

ベトナムスマホを買う予定がない人でも、thegioididongの接客を体験しつつ、液晶保護シートを格安で貼ってもらうだけでも訪れる価値は十分ありです。

 

英語は、通じない店員が大多数だと思いますので、液晶保護シート貼付けサービスを利用する際には

Miếng dán màn hình

このベトナム語を見せれば伝わります。

 

あえて、カタカナ表記するならば

ミェン ザン マン ヒン

※全角部は、発音を強調

 

ちなみに、購入したばかりのZenfone3、大満足です!

曲線の効いた美しい液晶、2SIM同時使用可能、指紋認証などなど。

 

あえて、問題をあげるとしたら、USBケーブルがUSBType-Cになったことです。

従来型のUSBケーブル、未使用品も含めて10数本も在庫があるのです・・・。

 

ホイアンのバインミー有名店

ガイドブックでも取り上げられていて、現地ベトナム人もSNSで言及しているくらいのホイアンバインミー有名店 Bánh Mì Phượngに行ってきました。

 

日本語表記の多くは「バインミーフーン」と記載されてあります。でも、このまま読み上げたら99%、ベトナム人には伝わらないかな。

 

あえてカタカナで書くとしたら、「バインミーフォッ」でしょうか。

 

話題から外れますが、ベトナムの一都市バントート(日本語表記)ですが、これは最もベトナム語の発音からかけ離れた表記の地名だと常々思っていて、日本語ではこういうふうに読まれているよとベトナム人に言うたびに「なんだそりゃ」と笑いを取れてます。

 あえて、カタカナで書くとすれば、 Buôn Ma Thuột(ブォンマートゥォッ)でしょうか。

 

さて、バインミーに戻ります。

 車の通行が禁止されているホイアン中心からちょっと離れていて、店の前まで乗り付けることができるため、足がある人にとっては行きやすい場所です。

 

ちなみに、ホイアン中心はバイクですらも午後3時以降は通行を禁止され、歩行者天国になります。

 

店のおばちゃん達がバインミーを作ってます。なぜか、肉マンも手前の機械で販売中です。 

f:id:Dananese:20170523173720j:plain

店の奥には、座って飲食できるテーブルがあるのですが、お客さんでいっぱいだったので、持ち帰りで。

 

こんな袋と紙で包んでくれます。せっかくなので、軒下に置いてあったプラスチック椅子に腰掛けて、直ぐに食べることにしました。

f:id:Dananese:20170523173724j:plain

私が頼んだのは、具材全部盛り。Thập cẩm(タッカム)と言えば、出てきます。この語の発音は、このカタカナ読みで伝わると思います。

 

値段は、これで3万ドンでお釣りがきたかと。

 

バインミーは限られた具材でしか差別化ができないファーストフードです。パンについて言えば、なぜかこのタイプのパンは、ベトナム中、どこで食べても美味しく、食感も均一化されているように感じます。

 

他の店の具材全部盛りと比べると値段も少々割高のため、この店のものが並外れて美味しいとまではいかないですが、それでも単純に「美味しい」と思え、幸せになれる一品には間違いないです。

ホイアンに来るたびに、食べたいなと思えるバインミーでした。

 

ホイアン名物のベトナム料理「ホワイトローズ」

ホイアン名物のホワイトローズですが、ホイアンでは、たいていの飲食店で提供してます。今回、ホワイトローズで有名な店で食べてきました。

 店名も、まさしく「ホワイトローズ」

 

日本人のお客さんも多いようで、日本語表記です。

 

f:id:Dananese:20170519234517p:plain

メニューにある食べ物は2品のみ。ここは迷わず、ホワイトローズを注文です。

 

お客さんで混んでましたが、注文して5分足らずで出てきました。

 

f:id:Dananese:20170520002624j:plain

木漏れ日で輝くホワイトローズが綺麗で、白いバラとの名前を裏切りません。

 

中に入っている小ぶりのエビがプリプリして、とても美味しいです。また、つけダレも絶品です。

 

成人男性一人では、この一品だけでは物足りないかもしれません。

 

この量でのお値段は、ベトナム料理にしては比較的高めの7万ドン。

 

まあ、この美味しさなら納得です。

 

ダナンのビーチエリア中心地からの眺め

ダナンからは、ホイアン方面に向かって、ビーチは美しい弓状で何十キロも連なってます。

 

これが北端

f:id:Dananese:20170518002821j:plain

 

 

ホイアン方面に向かって南端へ

f:id:Dananese:20170518002924p:plain

 

ビーチの形といい、波の立ち具合といい、とてもいい感じです。

 

このあたりは、雨後の筍のように、多数の高層ホテルの建設が進行中です。

 

ところで、ベトナム語にも「雨後の筍のように」に相当する言葉があって、「mọc lên như nấm」(キノコのように生える)と表現します。

 

互いに似た意味ですが、それぞれの文化が言葉に反映されていて面白いですね。

 

ちなみに、現在、このビーチが目の前にある高層マンションの不動産物件が、日本円で約600円程度(最安価格帯)で売り出し中です。

 

場所も一等地ですし、物件としては非常に面白いので、今度、時間を見つけて見学させてもらいます。